cars by night

Sunamp 社 - 電気自動車向けの蓄熱材

冬の低温環境において電気自動車のエネルギー消費を低減する対策の一つは、車内暖房に代替の熱源を利用することがあります。

Sunamp社の相変化蓄熱材「PCM」の融点を調整することで、暖房と冷房両方に使用することを可能にしました。

このプロジェクトでは、ヒートポンプを補助するPCMの有効性を検証しました。

また、世界のさまざまな場所での年間エネルギー消費量を調査し、気候による影響を調査しました。

寒冷地(トロントやベルリンなど)では、現実的なサイズのPCMを使用したシステムは、PTCヒーターのみの仕様と比較して40%以上、ヒートポンプシステムと比較して15%以上の暖房エネルギーが節約できます。

関連するKULIモジュール