cars by night

GXC Coatings 社-フロントガラス用防曇コーティング

冬季の低温環境で電気自動車の航続距離が短縮する理由の1つは、窓の曇りを防ぐために空調が外気モードになることであります。

GXC社が開発したウィンドウコーティングは、湿気による水分を透明なフィルム状にしてウィンドウ上で拡散させるので、不透明な曇りの原因となる、湿気が水滴としてウィンドウ表面につく事を防ぎます。

したがって、はるかに高い空気再循環率が実現可能です(GXC社製コーティングの実験結果による)。

コーティングによる航続距離の改善の効果は、どの程度でしょう?

KULIを使った(テスラモデルSをベースとした試作車両に基づく)車両の熱シミュレーションでは、外気温-10°Cのウォームアップ時に最大11%の航続距離の改善が見込まれます。

関連するKULIモジュール