cars by night

Honeywell社-車内断熱による航続距離と室内快適性への影響

冬季における車内暖房システムのエネルギー消費は、電気自動車の航続距離を低下させるため、関係各社が改善に取り組んでいます。

電気自動車のバッテリーと車内を同時に冷却する必要がある夏季の高温環境において、乗客の快適性は重要な課題であります。

車内と外部の間の大きな温度差がこの要因の1つであるため、車内の断熱は有用です。

Honeywell社は、発泡材の技術を活かした断熱製品を展開しています。

KULIを使った(テスラモデルSをベースとした試作車両に基づく)車両の熱シミュレーションでは、外気温-10°Cで約3.5%(ウォームアップ)から4.6%(温度維持)の航続距離の改善が見込まれます。

外気温40°Cの炎天下では、車内温度を60°Cから25°Cへ下げる時間を最大50%に短縮することが可能です。

EV range reduction due to HVAC System energy consumption is a big issue, especially in winter. Passenger comfort is a huge topic in summer, especially when both EV battery and passengers require cooling. As a big temperature delta between cabin and exterior is one driver for this, thermal insulation of the cabin can help. Honeywell has an insulation foam blowing agent technology for this task in their portfolio!

KULI complete vehicle VTM simulations (based on a calibrated baseline vehicle similar to Tesla Model S) show a range improvement potential of around 3.5% (warm-up) to 4.6% (continuous heating) at -10°C ambient temperature. In warm conditions (40°C ambient temperature) cool-down time from 60°C to 25°C can be reduced significantly by up to 50%.

関連するKULIモジュール