background grey honeycomb

熱マネージメント関連エンジニアリング・サービス

熱マネージメントのシミュレーションは新車開発プロセスに欠かせない存在です。構成部品の最適仕様の検討は、エネルギー消費、排気、騒音、疲労など多岐に渡ることになり、高度なシミュレーションと計算を実行するのに必要な専門知識はますます複雑になります。

MAGNAの技術センター(St. Valentine オーストリア)は熱マネージメント分野で25年以上の実績を持っており、その経験を活かし下記の様な受託業務を行っております。

  • KULIシミュレーション、CFDシミュレーション、測定を含めたトータル熱マネージメントプロジェクト
  • 問題解決のためのKULIシミュレーションプロジェクト
  • KULIモデル作成のサポート
  • KULIシミュレーション環境の改善(Excel Macroの作成、Matlab/Simulinkとの連性)

 

プロジェクトの対応分野:

乗用車プロジェクトの実績

  • コンセプト検討 - 熱交換器のサイズ、位置
  • エンジンのバリエーションとフロントエンド検討 
  • 走行サイクルにおける温度および燃料消費シミュレーション
  • ハイブリッドと電気自動車におけるバッテリーから車両レベルの熱マネージメント
  • HVAC性能シミュレーション(冷房、暖房、ヒートポンプ)

バス&トラックプロジェクトの実績

  • EURO  IV/V/VI測定と冷却システムの効率向上
  • EGRとチャージエアの事前冷却
  • ファン動作制御と過渡シミュレーション
  • 廃熱回収
  • ハイブリッド車両のバッテリーとモータ冷却など

建機/農機/その他の特殊車両プロジェクトの実績

  • システム最適化 オイル-チャージエア-冷却水
  • 最新の排気ガス規制に適合する冷却パッケージの検討
  • 車両後ろ側搭載の冷却パッケージにおける冷却空気流れの最適化
  • 室内の快適性改善 (トラクタ、油圧ショベルなど)

多くのプロジェクトでKULIは、メイン ツールとして使われます。KULI開発チームとKULIプロジェクトチームの緊密な協力によって、KULIのすべての機能を十分に活用します。更にプロジェクトで発見した問題点は、速やかにKULI開発チームにフィードバックされます。 

プロジェクトは、他のエンジニアリング サービスと組み合わせることが出来ます。

  • CFD(computational fluid dynamics)シミュレーション
  • 熱マネージメント測定
  • 騒音測定と最適化
  • サーマルショック試験、ラジエータや冷却パッケージの振動試験
  • その他の試験

MAGNAの技術センター(St. Valentine オーストリア)は、これらの分野に経験とノウハウをもっています。詳細については、上記のリンクをクリックしてください。

弊社のエンジニアリング サービスにご興味ございましたら、気軽にお問い合わせください。