モジュール

 

KULIの柔軟なモジュール構成により、ユーザの目的のシミュレーション内容に応じて、機能ごとに分けられた各モジュールを別々に導入する事が可能です。

適用内容により、それぞれ異なるKULIモジュールが用意されています。

  • 定常計算 vs. 過渡計算またはモード走行計算
  • エンジン冷却システムと空調システムの統合
  • 1Dシミュレーションへの3D流速分布情報の組込み
  • 自動最適化プログラムによる解析
  • 様々な想定条件下における挙動予測

KULIに付属のPostprocessorにより、計算結果の詳細を様々な表示形式で確認できます。また、1クリックで計算結果の全てをMicrosoft Office Excelのファイルに出力できるので、いつもの形式での結果評価や表示も簡単です。