showroom large panels

目的

コンセプト検討段階では、エンジン、トランスミッション、熱交換器、ファン、キャリーオーバーパーツ、バッテリー、制御要素など、多岐にわたる項目の検討が必要です。
一般的に、要求性能と排出ガス基準を同時に満たす冷却システムの設計が、車両開発では特に重要な項目となります。
MAGNAの技術センター(St. Valentine オーストリア)は、コンポーネントレベル、システムレベル、車両レベルの全てのレベルにおいて要件を満たす熱マネージメントシステムの構築、およびその最適化を実現するため、KULIソフトウェアを開発しました。KULIは様々な法規制への対応の検討段階から、開発要件の明確化および有効性の確認をサポートします。

KULIは、様々なインターフェースに対応しているので、バーチャルな車両開発プロセスにおいても、他のシミュレーションツールと簡単にリンクすることが可能です。

KULIは以下のようなシミュレーション・タスクに幅広く対応しています:

  • エンジンパワーの増大 
  • インレットエリアの縮小 (スタイリング変更) 
  • コンポーネント/補機類の増加 
  • 新しいパワートレイン技術への対応 
  • 様々な法規制への対応
  • 車室内快適性とhvac性能